内定は企業と自分の雇用契約です。

内定というのはどういうことか説明しましょう。
企業側が採用決定者に内定通知書を渡して、それを受け取った応募者は
就職することを承諾したことになります。

企業によっては応募者に内定承諾書の提出を求められることがあります。
内定承諾書は新卒は必ずありますが、転職のような中途入社の場合は
就職までの期日が短いので内定承諾書が無いのが普通です。

ともあれ、お互いの了解で雇用契約が成立したということです。
成立後に内定を辞退することは法律上、契約不履行になります。

ビジネスでは契約不履行はあってはならないことです。
法律では損害賠償の請求を認められているのですが、
実際には企業から賠償請求を求められることはありません。

内定辞退前に、研修費用や個人用の備品などが、それなりの金額に
なった場合は損害賠償請求を起こされるかも知れません。

いずれにしても内定を辞退することに決まったら、
出来るだけ早く誠意をもって連絡することが肝心です。
社会人としてマナーを守って行動しましょう。

面接の際に「御社が第一志望です」とか「是非とも仕事がしたいです」
などの内容のことは絶対に言わないことです。
その熱意を買われて採用を決められることも考えられます。
それで内定辞退することは世の中の道理に反する行いです。

「第一志望の他社へ内定が決まりました」と断りの連絡をします。
この言葉がよく使われるのは、複数の企業で面接を受けていて、
他社へ行くため辞退するということは、普通にあることだからです。
それは採用担当者であれば誰でもよく理解していることです。

人材紹介会社などを通しての転職活動をしている場合は、
担当者にも頻繁に自分の活動状況を知らせておきましょう。

担当者は各企業と自分との橋渡しをしてくれているのです。
複数の企業を受けている場合ならば特に正確な状況を伝えましょう。
自分が依頼して企業との間を取り持ってくれているのです。

内定辞退を決めたら少しでも早く担当者に連絡しましょう。
その後でその企業宛に「内定辞退の詫び状」を書いて送りましょう。

このページの先頭へ