求人広告の表現は企業で違うことがあります

ここでは求人広告に掲載されている内容の見方を説明します。

まずは「職種」について。
職種は業界によっても企業によっても表現が異なることがあります。
つまり同じ職種でも企業により仕事内容が全然違うのです。

例えば営業職といっても、新規顧客開拓もあれば、固定客管理主体もあります。
商品を納品する営業もあるし、機械メンテナンスが仕事の営業もあるのです。

泊まりがけの出張が多い会社もあるでしょう。
この条件は大きいことですから、応募する前に電話などで
職務内容を詳しく確認した方が良いでしょう。

「資格」について。
その求人で必要な資格条件が記載されています。
基本的には年齢や学歴のことになりますが、
あくまで目安ですから企業へ問い合わせてみましょう。

例えば年齢の部分は多少該当していなくても問題ない場合があります。
しかし専門的な資格や経験が必須の場合がありますので確認することです。

「給与」について。
支払われる最低賃金や平均賃金などが書いてあります。
月給制、年俸制、固定給、歩合給、賞与、各種手当など様々です。
入社してみたら思っていた金額とかなり隔たりがあっては大変です。
詳細については面接時に聞いてみましょう。

「勤務地」について。
転勤の有無、勤務時間、残業については求人広告だけでは読み取りにくいです。
転勤については、頻繁にあるものなのか、
希望勤務地は聞いてもらえるかなど実情を聞いてみましょう。

転職理由の大きなものに「残業」があります。
残業についても、頻度、残業時間など実情を面接時に聞いてみましょう。

「休日、休暇」について。
企業によって様々です。年間休日が105日とか125日とか大きな違いがあります。
表現も「完全週休二日制」「週休二日制」「月8日以上」などいろいろあります。

極端な例として1ヶ月に1度だけでも週に2日休みがあれば週休二日制となります。
毎週必ず2日休みがあるものを完全週休二日制といいます。
この点、間違えないように気をつけましょう。

企業毎に設定がいろいろありますから、きっちり確認することが大事ですね。
有給休暇を全部消化したら年間何日の休暇になると説明していても、
実際には有給で休む人が少ないという職場では取得しにくいです。
休みにこだわると採用に影響するような気がしますが、休日は人生設計で大きな要素です。
休みが少なくても気にならないという人は問題ないでしょうが、
職場の実情がどうなのか、確認してみましょう。

このページの先頭へ