身だしなみを整えて意気込みを伝える

書類選考が通ったらいよいよ面接です。十分な下準備をして望みましょう。

まずは自分の考えを整理して言葉にまとめておきましょう。 なぜ新しい職場、新しい仕事に取り組みたいと考えたのか。 どのような理由があって転職を選択したのか。 転職に至ったことを相手に伝わるように短い文章にしていきます。 ところが、いざ文章作成してみると大変難しいことがわかります。 また、文章にしたものを口に出してみると、 スムーズに話しが出来ないことで慌てることになるのです。

面接のときにはメモを見ながら話すことは出来ません。 しっかりと練習して、伝えたいことを全部言えるようにしましょう。 自分ひとりで練習してもなかなか上手にならないです。 友人・知人に頼んでください。そしてダメなところがあれば指摘を 受けてアドバイスももらうべきです。

面接を受ける企業の情報は必ず下調べします。 まず企業のホームページをチェックして、 事業内容、最近の方向性、力を入れている分野などから、 資本金、従業員数、設備までも頭に入れておきましょう。 求人募集ページをチェックして、求めている人材像を確認します。

下調べしてもわからなかったことは、面接の際に質問してみましょう。 そうすれば意欲をかってもらえます。 またその企業の商品も実際に見ておきましょう。

面接を受ける際に一番必要なことは、 やる気と自分の気持ちをいかに伝えられるかです。 当たり障りの無い言葉ではなく、きちんと新しい職場での 意気込みを伝えられるように考えましょう。

下調べした企業の情報をもとに、 企業のどんな事業に、どんな仕事に関心があるのか伝えられるようにしましょう。

転職では新卒採用と違い、即戦力を求められます。 ですから、スキルやキャリアを重要視されます。 今までの自分のキャリアや成功例や身につけたスキルなどを きちんと答えられるようにしましょう。 その上で、キャリアやスキルを活かし、 どんな仕事をしたいのか意思表示できるように考えましょう。

当然のことですが、身だしなみはきちんと清潔感のあるものに。 事前にスーツやシャツにはアイロンをかけましょう。 しわのないものを着用していきましょう。 靴も磨いておきましょう。

髪型は清潔なイメージに整えておきましょう。 最低限の身だしなみは面接前日までに準備しておきましょう。

このページの先頭へ