応募・面接の疑問にお答えします

ここでは、企業応募や面接に関する素朴な疑問をとりあげてみましょう。 例えば、企業に応募する際に提出した履歴書など、 不採用になった企業から返却してもらえるのでしょうか。

残念ながら返却するかどうかは企業の自由なので、強制はできません。 しかし要望はできますので、担当者に聞いてみましょう。

履歴書や職務履歴書などに虚偽の申請をした場合はどうなるのでしょうか。 内定通知書や誓約書などに、もともと注意事項として記載してある場合がほとんどです。

重要な虚偽の申請をして、経歴などを詐称した場合は取り消しになることがあります。 学歴など、偽り無く正しく知らせるようにしましょう。

また前職の職務や経歴についても正確な情報を伝える義務があります。 例えば前職を解雇された場合などでも、 話しにくいですがきちんと伝えなければなりません。

面接の際などに採用の可否を判断する重要事項となるからです。 黙っていてもしも採用後に発覚したら、 解雇になることもあります。注意しましょう。

面接では、他の会社の内定状況を聞かれることがよくあります。 その場合は、きちんと事実を伝えましょう。 他から内定を受けていたとしても、評価には影響しないから大丈夫です。

強く志望していることをアピールしながら、 他社の内定を伝えると感じがいいかもしれません。

面接に関しては、あいまいな表現は避けて嘘はやめましょう。 わからないときは、「わかりません」と答える勇気が必要です。 話すときは、ダラダラと話さず「結論」を先に答えるようにしましょう。

このページの先頭へ