円満退社で引継ぎも完璧にする

転職を決めたら、スムーズに再就職を行うために円満退社を心がけましょう。 退職の意思表示は遅くとも1ヶ月前までには会社に伝達しましょう。 2~3ヶ月前というのが会社の業務に支障を与えない期間もあり社会常識です。

しかし、年度末や会社の繁忙期は避けるようにしましょう。

退職日については自分の都合ばかりを主張するのではなくて、上司と相談して決めるのが望ましいです。 スムーズに引継ぎを行い、トラブルなく退社できることに全力を注ぎましょう。

伝える方法としては、まず直属の上司に口頭で伝えましょう。 その次に一緒に仕事をしている主任、課長などにも伝えておくとカドが立たないでしょう。

退職の理由としては、あくまで個人的なことにします。 決して転職するなどと言ってはいけません。 実際には仕事に不満があったり、人間関係に問題があるかもしれません。 会社の待遇に不満があったとしても、それを出してはダメなのです。

ですから退職理由は、「田舎に帰る」「実家や親戚を手伝う」とか「別にやりたいことが見つかった」 などと退職することをすんなり認めてもらえるような内容にします。

その後、会社規定の退職届を書類として提出します。 退職までに自分の仕事の引継ぎが完全にできるように綿密にスケジュールを立てましょう。

退職時に会社に返却するものとしては、健康保険証、社章、社員証明書、名刺などです。

退職時に会社から受け取るものとしては、離職票、雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収表などです。

離職票は、失業保険を受け取る申請する際に必要となります。 ただしすでに転職先が決まっている場合は使うことがありません。 しかし敢えて必要ないと言うことはありません。

雇用保険被保険者証については、雇用保険に加入していた証明書類ですから次の会社に提出します。 源泉徴収表は次の会社で年末調整をするときに必要です。 忘れないように郵送してもらうようにしましょう。

このページの先頭へ