履歴書は気持ちが伝わるように丁寧に書いてください

職務履歴書というのは自分の経験やスキル、実績などキャリアを書きました。 それに対し履歴書は、自分の個人データを記載して正しく応募企業に伝える書類です。

企業の採用担当者は履歴書から、単純に個人情報だけでなく、 文書の作成能力や日本語表現能力などいろいろなデータを汲み取ります。

書類選考を通過するには第一印象が重要です。 字が多少下手であったとしても問題有りません。 それよりも丁寧な書き方で、入社したいという気持ちが伝わるような内容に仕上げましょう。

一般的に職務履歴書はA4サイズの無地の紙にワープロ打ちします。 履歴書は市販のものを購入して手書きします。

記入項目などは販売メーカーによって若干の違いがあります。 「退職動機」「志望理由」などの欄があるものにしましょう。 そして他の項目も検討してください。 自分のアピールポイントがまとめ易いものを選びます。

記入は黒のボールペンが基本です。鉛筆はいけません。 日付は提出日を記入。郵送する場合は、投函日を記入しましょう。 西暦にするか元号にするのかは統一すればいいです。

誤字脱字が無いように、一字一字丁寧に記入していきます。 学歴や職歴の入卒年度、入退社年度を間違えないように良く調べてから記入。

修正液や修正テープを使うことは論外です。 間違えたら最初から書き直しましょう。

全ての欄に記入して空欄があってはいけません。 印鑑もまっすぐ、かすれや欠けの無いようにしましょう。

こういった細かい部分まで人間性を見られる場合もあります。 志望動機なども応募する企業にあわせてきちんと記入しましょう。

できれば、履歴書の用紙を1枚使って下書きをしてから、 それを写すように清書して仕上げましょう。

書いた後に見直すことも大事です。郵送した後に悔やんでも遅いです。 納得のいくまで仕上げてから投函しましょう。

他の企業の履歴書を使い回すのは絶対止めましょう。ま 採用担当者は簡単に見抜いてしまいます。

決して大げさでなく、人生を左右する仕事の応募ですから、 一切の手抜きがあってはいけません。 丁寧に慎重に作成することです。 いい加減にするのは応募する企業に失礼です。

このページの先頭へ