在職中から転職活動を始めることがベストですが

転職活動は、現職を在職中に行ってもよいものなのか。
それとも退職してから行うほうが取り組みやすいのか。

求人情報のリサーチする時間や企業への面接には時間がとられます。
面接に行くには休暇を取ることも必要になってくるでしょう。
在職中では積極的な転職活動ができないことになります。

退職後には時間が自由に使えるので、転職活動に集中することが出来ます。
時間を気にしないで面接や企業訪問が出来るのです。

しかし退職後は収入がまったくゼロになってしまうので、
金銭面でリスクの少ない在職中の転職活動になります。

在職中に試験を受けると、志望職種の事情がわかり
事前に必要なスキルを習得する準備期間もできます。

在職中に時間を作ることができず、
有給休暇取得も難しい場合は面接の時間さえ取る事ができません。

そのような場合は、退職後の活動になりますが在職中からきちんと
リサーチをして志望企業を絞りましょう。

在職中の転職の場合、退職までの引継ぎの関係がありますから
すぐには入社できません。
通常、転職先企業は、1~2ヶ月程度は考慮してくれます。

在職中の転職活動、退職後の転職活動どちらかを選べる場合は、
現在の就職難を考えると、在職中の転職活動をお勧めします。

退職後の転職活動ですと、すぐに転職先が決まらない場合は、
生活面の焦りから転職先を妥協して決めてしまう可能性があります。

在職中でも今は企業のホームページや転職サイトなどから
24時間応募することができます。

転職先企業も在職中の活動には理解があるので、
面接日の日時設定も考慮してもらえるでしょう。

求人が盛んな時期としては、以前は年度末の3月と9月、
4月と10月などに募集が多いとされていました。
しかし今は1年を通して募集がありますので
時期を気にすることはないでしょう。

このページの先頭へ